YAMAHA SR400のカスタムブログです パーツインプレ他、カスタム情報を提供します

2007/051234567891011121314151617181920212223242526272829302007/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こちら四国は現在水不足・・・
雨が降らない。
梅雨なのに・・・

tuyu_01.jpg


バイク乗りは雨が嫌い。
でも降らないと困る・・・
断水になって風呂にも入れなくなる。

今日は予報で降りそうだったので車で通勤。
でも降らない。
こんな時は腹が立つ・・・

バイクに乗れない
雨も降らない
何やってんだか・・・

バイク乗りは雨が嫌い。
スリップするし
ロックする。

でも降らないと困る・・・
風呂入れないし
ウ○コ流せない・・・
スポンサーサイト
リアサスペンションはSRを購入して半年も経たない間に交換した。
その理由は「ナントナク」。と言うか、
バイクはショックが大事だというのはよく聞いて知っていた。
変な話、ゲームなどでもタイヤやサスで驚くほどコーナリングが変る。
その期待も大きかった。

おまけにSRの純正サスペンションの評価は良くない。
最初の交換は中古で手に入れた、今は無きKONI。

これの選択の理由はシンプルで、昔っぽい。
当時私は、オーリンズやWPなどの現代色の強い高性能ショックを
SRに組むのに抵抗があった。

私は雰囲気でSRに乗っている。
私は「走り屋」ではない。
純正パーツはもちろん。カスタムパーツも豊富で、
いつでも手に入る「旧車」に乗っている。と思っている。
速さ、性能を求めるなら違うバイクに乗っているだろう。
でも、やっぱり出来る事なら気持ち良く飛ばしたりもしたい。

と、少々矛盾のある考えである。

で、KONIだが、純正と比べ最初の感想は「カタイ」と思ったが
純正からの変更で少し戸惑っただけで、発進時はグイッとふんばり、
コーナリングでもユラユラ感がなくなり気持ち良く曲がってくれた。

そんなKONIだが、中古購入だったためサビサビで、最終的にはオイル漏れで終了。そして廃盤。気に入ってたのになぁ。

PPMC_SAS_01.jpg


と思っていたらペイトンの社長が試作段階?
まだ売り出すチョット前にPPMCサスを発表し、売ってくれた。
値段も安い上にI.O.A価格というのがあり驚くほど安かった。

KONIを強く意識したものらしく、さらにKONIの弱点も解消しているらしい。
違いは初めての新品ということもあり、さらに「カタイ」と感じたが、コーナーリングは良い。
この後でフロントもハイパープロの強化スプリングを入れた時、
SRはホントに楽しいと感じ始めた。
日曜日に洗車をした。
以前のセパハンスタイルから、これからはノーマルっぽく
SRっぽくとコツコツとカスタムした我がSR!
その時の写真がコチラ・・・
SR_peyton.jpg


撮り終わった写真をパソコンで見ていると思った。
俺はペイトンの「まわしもん」か? 

外装のカスタムパーツがほとんどペイトンのパーツである。
おまけにタンクにデカールまで貼って宣伝中・・・!
これで、ノーマルっぽくなったのか?

以前は関西に住んでいて、トラブルもカスタムもデートも?
全てペイトンでお世話になっていた。
ペイトンは外装屋だと思っている人もたくさんいるだろうが、
私は紛れも無いSRのスペシャルショップだと思う。

さすが老舗と言われるだけあってスタッフの方々もSRのマニアックな部分まで熟知している。
例えばリアハブクラッチに・・・のOリングを・・・など(企業秘密かもしれないので伏せます)その他色々うまいコーヒーを飲みながら教わった。

そしてそこの外装も気に入った。その時はこんな感じ・・・
SR400_KOBE.jpg


ノートン仕様。
やはりココのパーツは美しい。フェンダーなんてステンレスだから最初は曲げるのに苦労したらしいが、おかげさまで何年たってもピカピカである。前後ともショートもロングも経験済だ。
私は昔からペイトンの「まわしもん」らしい・・・

と、こんな感じで客が自らデカールまで貼りたいと思うような
ショップって全国にどれくらいあるんだろう。

私もそうだったが、バイク屋選びは難しい・・・。
仕事が雑だったり、足下見て工賃とったり、SRをバカにしてたり・・・。

そんな話はよく聞く。なんなんだろうね?
こっちは大切な彼女を預けてるような気持ちなのに・・・。
みなさん、心あたりはありませんか?

SR400は今だに生産され続けていますが、
いずれ生産されなくなる時がくるでしょう。
状態の良いSRをこの世に多く残す為にも
良いバイク屋は存在し続けてほしいものです。

私がジジイになっても街中で見かけて、
「ワシそのバイクの初期型と同い年。テヘッ」と
若い持ち主に話しかけられるように・・・。
ご存知ダンロップTT100GP。
発売以来、瞬く間にSR界で人気が広がったタイヤ。

「往年のトレッドパターンに最新のコンパウンド」が売りで昔ながらのパターンはトラッカーにも、カフェレーサーにもノーマルにもよく合い、実際に私もすぐに飛びつき、純正の次に履かせたのがこのタイヤ。

見た目とは裏腹にかなりのスポーツコンパウンド。
ワインディングでも充分な性能を発揮すると言われているが、実際に運転歴も浅い当時の私はワインディングを楽しむまでもいかず、もちろん街乗りオンリー。

スポーツコンパウンドが災いしてタイヤの真ん中部分のみ真っ平らに減らしてしまった。これがTT100GPの唯一の欠点。寿命が短い。悲しいほど短い・・・。
写真が無いのが残念・・・。


これを期にいったん純正を再確認しようとMETZELER ME77へ。
やはりグリップが・・・TT100GPはやっぱりスゴイです。

また違うタイヤを試してみたいが、METZELER ME77、これもスゴイ・・・
無くならねぇ!


次はBT-45か、でもパターンが好みじゃないからアコレードか、
いつになることやら・・・
ハイパープロのフロントフォーク スプリングを装着して7000kmほどで、
フォークのオイル交換をしようと考えた。
で、バイク屋に問い合わせてみたところ、交換工賃だけで1万円ほどかかる。

高い・・・ エンジンオイル交換なんて500円なのに・・・

このへんは自分でできるようになりたいが、
まだ自分ではやったことがなく、面倒で しんどそう・・・

あたり前だ・・・だから高い・・・。

仕方なくオイル交換を頼もうとしたが、
どうせ高い工賃、前から気になっていた
WP プロライン フロントフォークスプリングを試してみたくなった。

wp_01.jpg


スプリングはオイル付きで18000円ほど・・・計算してみると
お得感があった・・・だから装着決定!
今思うと、どこにそんな金があったんだろう・・・


で、感想は・・・
すごい滑らかで良い感じ。コーナーリングの進入時、コーナーリング中もノーマルとは違い、ブレーキングからとてもスムーズで安定する。高速走行時も、ふわふわせず安定している。

肝心のハイパープロと比べると私的には今のホワイトパワーの方が滑らか、しなやかでイイ感じです。
速く走るためにどちらの選択がいいかは分かりませんが、気持ち良く乗るっていう面ではホワイトパワーかな?

これはリアサス、個人の体格、ドライビング、癖・・・なんかで好みは別れるとは思いますが・・・そんな感じの差です。


<メリット>
・ブレーキ性能の向上
・安定性の向上
・バンプを吸収する柔軟さを持ちながらも踏ん張る

<デメリット>
・今のところなし


あと、やはりハイパープロをもっと長く使用し、オイルの量などを変えるなど、色々と試すべきだったと思います。
「興味があったから変えた」が、逆にもっとハイパープロの情報が欲しいという結果になってしまった。

やはりSRは足まわりで大きく変るように感じます。
フォークのオイル交換やO/Hの作業も自分で出来るように頑張ろうと思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。